おすすめ芋焼酎呑み比べランキング決定版

第七位 伊佐美

なかなか手に入らないことで有名な森伊蔵。今やプレミア焼酎の代名詞とも言える森伊蔵酒造の芋焼酎です。『魔王』や『村尾』と合わせ「3M」と呼ばれる中の一つで、フランスのシラク元大統領が森伊蔵のファンであることも知られています。
 

昔ながらのかめ仕込みで造られる森伊蔵

味は芋の臭みがなく、あっさりとして呑みやすいのが特長です。あまり焼酎を飲まない人でもすっと飲めて香りもよいと言われています。よく丸みを帯びた味わいと表現されますが、それはちょっと特殊な仕込み方に因るものだと考えられます。森伊蔵は、かめを使った仕込み方法をとっています。

かめ仕込みは手入れが大変なため、ステンレスなどのタンクで仕込むのが一般的です。しかし、中には森伊蔵のように昔ながらの方式で焼酎を造り続けているところもあります。かめは地中に埋めて使うため温度が一定に保たれること、丸いかたちの中でもろみの対流が起こり、まろやかな味を造り出すと言われています。

契約農家による有機栽培のさつまいもを原料に、かめつぼ仕込みで丁寧に造られるため、味わい豊かな芋焼酎になるのです。その反面、生産量が少なくなってしまうため需要に追いつかなくなって幻の焼酎と言われるようになりました。

どうすれば手に入れられるのか

インターネットで検索すると2万円以上は当たり前のように販売されている森伊蔵。もとが2,500円程度と考えると10倍くらいの価格に購入を断念する方も多いのではないでしょうか。

実は正当に定価で手に入れる方法があります。それは森伊蔵酒造が毎月1回行っている抽選に応募することです。電話での応募のみで決められた登録期間内に予約登録するとコンピュータによる自動抽選で購入権を得ることができます。送料を入れても3千円台で手に入れられますから、どうしてもという場合はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

プレミア焼酎と聞くと気になって呑みたくなるのも無理はないのですが、森伊蔵以外にも美味しい芋焼酎はたくさんあります。将来プレミア焼酎になりそうなものを自分で探してみるのも楽しいかもしれませんね。

基本データ

  • 【蔵元】森伊蔵酒造
  • 【生産地】鹿児島県
  • 【原料】コガネセンガン、米麹(白麹)
  • 【度数】25度
  • 【価格帯】25,000~35,000円(1.8L)※プレミア価格
  • 【飲み口】★★★★★
  • 【香り】★★★★★
  • 【買いやすさ】★