おすすめ芋焼酎呑み比べランキング決定版
HOME >  こだわり派のための芋焼酎ランキング >  第三位 さつま島美人

第三位 さつま島美人

鹿児島で圧倒的な支持を受け、県内トップクラスの人気銘柄の一つです。出荷数量の70%は鹿児島県内といいますから、いかに地元の人に愛され、ポピュラーな焼酎なのかがデータからもわかります。

5つの蔵元の技を融合したさつま島美人

一般的に酒造は仕込みから割り水、製品化まで1つの工場で行われますが、さつま島美人はここが違います。鹿児島内の5つの蔵元が集まって共同瓶詰工場として長島研醸を設立。それぞれの蔵元が伝統の技を注いで製造した原酒を絶妙にブレンドしてはじめてさつま島美人として出荷されるのです。酒造組合の鑑評会には5つの蔵元の「さつま島美人」がそれぞれ出展されているのも大変興味深い話です。

その酒銘は島(世)の男性にいつまでも愛されるようにと願い、命名されました。実際に発売後に瞬く間にシェアをのばし、鹿児島県内で現在最も多く飲まれていますので、その願いは叶ったと言ってもよいでしょう。そのかわり鹿児島以外では入手が困難とも言われています。

なめらかでバランスのとれた味わい

温暖な気候に恵まれ、鉄分を多く含んだ長島の赤土の土壌で育ったさつまいもを原料に造られており、その柔らかでスッキリした飲み口の中にまろやかな甘みとしっかりと芋の風味があるのが特長です。

開栓すると甘くソフトな香りを感じることができます。口に含んだときに強烈なクセがなく、なめらかでバランスのとれた味わい。口の中が全体的にサッパリとする感じがします。飲み飽きが来ないため食事といっしょにどんどん進んでしまいます。鹿児島ではスーパーやコンビニにも置いてあるようですが、値段も手頃ですので親しみやすく人気の高さも納得ができます。

ロックやストレートで呑んでもよいですが、香りを引き立たせるために是非6:4のお湯割りでいただきたいところです。通常は度数25度ですが、35度版もあるようですので25度では物足りないと感じる本格派の方は試してみるのもよいでしょう。

基本データ

  • 【蔵元】長島研醸
  • 【生産地】鹿児島県
  • 【原料】コガネセンガン、米麹(白麹)
  • 【度数】25度/35度
  • 【市場価格】1,500~2,500円(1.8L)
  • 【飲み口】★★★★
  • 【香り】★★★★
  • 【買いやすさ】★★★★★